ホームお知らせ

熊本県トラック協会からのお知らせ

「自動車運送事業者における脳血管疾患対策ガイドライン〜脳健診の必要性と活用〜」について

 今般、国交省自動車局長より、「自動車運送事業者のための脳血管疾患対策ガイドライン」が策定された旨、通達が発出されたのでお知らせします。
 本通達では、自動車運送事業者における脳健診の受診や治療の必要性について理解が浸透し、事業者による自主的なスクリーニング検査の導入を促進し、運転者の脳血管疾患による事故防止を図るよう求められています。
 事業者におかれましては、本ガイドライン及び概要案を活用し、脳血管疾患による事故防止に取り組んでいただきますよう、お願いいたします。

 「自動車運送事業者における脳血管疾患対策ガイドライン」はこちら
 「自動車運送事業者における脳血管疾患対策ガイドライン」(概要版)はこちら
   (国土交通省のホームページにリンクします。)

トラックは暮らしを支えるライフラインアニメでみるくらしと産業「もしもトラックが止まったら」